環境理念/環境方針

代表取締役社長 荒田 慎太郎

人類は自然を利用し、活用し、そして破壊して生き続けてきた。
人類が引き起こしたあまりにも大きい環境破壊を、今ここで食い止め、損なわれた環境を回復に転ずる事が全人類の課題である。


当社は、環境保全の行動を二宮尊徳翁の教え
「勤労」 「分度」 「推譲」
に則り推進する。 すなわち

「勤労」とは
  “環境の保全に対して我々にできる惜しみない努力”
「分度」とは
  “有限の自然を利用する自制”
「推譲」とは
  “豊かな自然環境を子孫に残す努力”を言う。

この理念の下、
「当社は、地球環境保全活動の一翼を担うことを公示し、企業活動の全ての面で環境保全に資する行動をとり、省エネ、省資源など環境負荷の低減に努め、順守義務を満たし、顧客、近隣住民、地域社会に信頼される事業者であり続ける」ことを、環境方針として掲げ、活動し、環境マネジメントシステムを継続的に改善する。

制定:2004年07月01日
改定:2016年12月01日
確認:2020年04月01日

ページのトップへ戻る