中小企業向けBYOD対応メッセージアプリケーション


概要

KODENは在宅勤務や外出先で行われる業務連絡に安心と安全を提供します。また社内情報を安全に共有できる仕組みを兼ね備えています。機能は非常にシンプルですが、情報の安全を第一に考えたソーシャルネットワーキングサービスです。

特徴

盗聴やスクリーンショットの防止

KODENはこれまでのアプリケーションには無かったスパイウェア対策が施されています。盗聴やスクリーンショットといったスパイ行為に対して、防止や検知機能を備えているため、アプリケーション起動中は安心して情報を扱えます。

すべての情報を暗号化

一般的なメッセージアプリケーションと大きく違う点は、KODENが扱うすべての情報を暗号化しているという点です。もし、端末にバックドアを仕掛けられ、情報が抜き取られたとしても第三者に見られることはありません。

MAMによる簡易システム(※1)

業務用のモバイル端末を管理する場合、管理者は利用制限等の詳細な管理を徹底しなければなりません。本システムは、そのような煩雑な管理から解放されるよう、アプリケーションと関連する情報のみを管理するMAMを採用し簡素化が図られています。

※1 Mobile Application Managementの略。業務で使用する特定のアプリケーションとデータを管理する仕組み。

プライバシーへの配慮

個人が所有する端末を使用すること(BYOD)を前提に、プライバシーに配慮した設計です。たとえばMAMからは「個人情報へのアクセス」、「端末の利用制限」、「GPS機能による位置情報監視」といったプライベートの監視や管理を禁止しており、個人が抵抗感なく利用できます。

導入しやすい価格設定

セキュリティシステムを導入することにコストを掛け難い企業は少なくありません。そのような企業にも、気軽にセキュリティ対策を始めてほしいという目的から、導入しやすい価格設定をしています。

シンプルな機能

多機能性を特徴としたメッセージアプリケーションとは異なり、KODENは安全面を優先した結果、機能が絞られています。機能を減らすことで誰でも簡単に使えます。

他のアプリケーションの連携なし

KODENは、管理者による連絡先の一元管理に加えて、他のアプリケーションと連携しない独立した環境を持つことで安全性を保っています。また、広告は一切表示されないため、業務に集中することができます。

選べるプラン

各企業の規模に合わせて、ライセンス数やデータ容量をお選び頂けます。

システム構成と運用イメージ

③システム構成と運用イメージ_画像_更新改

主要機能

番号 項目 機能 備考
1 管理 連絡先(暗号化)の登録 / 編集、 削除、利用禁止、リモートワイプ 管理ブラウザ
2 通話 通話(暗号化)、保留、履歴 KODEN
3 メッセージ メッセージ(暗号化)、グループ作成 / 編集、写真(暗号化)(撮影 / 保存 / 送付) KODEN
4 設定 着信通知(音 / バイブレーション)、 スクリーンショット防止、録音防止 / 検知、アプリロック間隔(ロック時間) KODEN
5 ファイル共有 ファイル(暗号化)の保存 / 閲覧 ファイル共有ブラウザ

費用

330円(税込み)/月 (1ライセンス)

注意事項

本アプリはGoogle Play(米国)により日本国内に向けて公開しております。
本アプリはAndroid8.0.0以降のバージョンに適用しております。
本内容は予告なく変更することがあります。

お問い合わせ

株式会社光電製作所 特機グループ 営業1部
TEL:03-3756-6911 E-Mail: app-support@koden-electronics.co.jp
営業時間:9:00~17:00(土日定休日を除く)

Q & A

一般的なメッセージアプリケーションとの違いを教えてください。

どのようにBYODを実現していますか?

業務端末に利用できますか?

企業が支給する端末であれば一元管理の仕組みが構築できますが、個人端末でどのように業務情報を保護・管理していますか?

個人端末の使用に制限を受けますか?

端末がウィルスに感染した場合、情報は危険にさらされますか?

個人端末を使用した場合、電話番号を他の利用者に知られてしまいますか?

利用するまでにどのような手続きが必要ですか?

利用にあたり、アプリケーションの他に必要な環境や設備はありますか?

利用料金が発生するタイミングを教えてください。

利用料金の支払方法について教えてください。

契約期間を自由に設定できますか?

契約更新方法について教えてください。

ライセンス数を追加できますか?

解約したい場合はどのような手続きが必要ですか?また、利用料金の払い戻しを受けられますか。

データ使用量はどの程度かかりますか?

ページのトップへ戻る