DL-3000(防爆型)

レーザー接岸速度計システムは、レーザー測距によって大型船舶のスムーズな接岸を可能にします。
船首・船尾それぞれの接岸速度・距離を計測・表示すると同時に、通信回線や無線でデータを伝送することができます。(外部出力はオプション)
モニタ画面は見やすい15インチTFTカラー液晶、4種類の画面表示が選択可能です。
時々刻々の測定データはハードディスクに保存され、測定完了後いつでも再現・印字することが可能です。

販売者 : 東京計器株式会社
お問い合わせ先 : 計測機器システムカンパニー営業部
TEL 03-3737-8621







主な特長

レーザー光による計測

安定した計測ができ、メンテナンスも容易です。

大型船舶から小型船舶まで計測が可能

ビーム角度の狭いレーザー測距方式(当社製)の採用により大型船舶から小型船舶まで幅広く計測ができます。

自己診断機能を搭載

各種警報を標準装備

産業用のパソコンによるデータ処理

計測データの保存と呼出し(ハードディスクやUSBメモリ)が可能です。

ニーズに応える豊富なオプション

ホストコンピュータとのデータ通信機能やバース切り替え方式対応等の多彩なオプションも用意しております。


画面イメージ


主な仕様

測定項目船首および船尾の対岸距離・速度
計測方式超短パルスレーザー方式
計測範囲距離: -1 ~ 199 m
速度: 0 ~ ± 99 cm/sec
(+: 接岸、-: 離岸)
係船岸壁に対する船舶の傾き: ± 15゜以内
精度距離: ± 1 m以内
速度: ± 1 cm/sec以内
表示方法計測器: 15インチTFTカラー液晶
表示内容距離: 3 桁、m単位
速度: 2 桁、cm/sec単位
表示周期1~9秒選択可能(1秒間隔)
外部出力RS232CまたはRS422(オプション)
電源100 VAC (50/60 Hz)
お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る


  • dl-3000
  • dlp-3000
  • dm-602604
  • gpr-10c
  • e-2000